financing-plan

住宅選びの成功は
資金計画から!

住宅選びが成功するかどうかは、
最初の一歩で決まります。
それは新築一戸建ても、
中古住宅のリノベーションも同じです。

では、住宅選びの最初の一歩とは何でしょうか?
それは「資金計画」です。

資金計画に失敗すると、
生活資金の不足や住宅ローンの返済に
苦しむことになります。
大井建設工業では最初に、しっかりとした資金計画を
立てさせていただきます。

上田市で中古住宅をリノベーションするための資金計画

購入前に「資金計画」を検討しよう!

上田市で中古住宅をリノベーションしようと考えている夫婦

中古住宅に住む場合は新築住宅と違い、購入後に必ずリノベーション工事が発生します。この工事を忘れている方が多いのが実情です。
そこで大井建設工業では中古住宅を購入前に、どんなリノベーションが必要なのか?いくら掛かるのか?を建築のプロの目で厳しくチャックしお客様にお伝えしています。
中古住宅の購入費用+リノベーション費用 これが快適に住むための本当の予算になるのです。

上田市で中古住宅をリノベーションするための正しい資金計画とは?

正しい資金計画とは?

中古住宅を購入した場合、リノベーション以外にも費用が掛かってきます。その費用を最初から見込んでおくことも大切な資金計画の1つです。 この費用を考えておかないと、中古住宅を購入してから、希望するリノベーション費用が不足することになり、後悔することに繋がります。 例えば、リノベーション以外に掛かる大きな費用として、

  • 中古住宅の仲介手数料
  • 住宅ローンの保証料
  • 火災保険や地震保険
  • 登記などの諸費用

など、100万円~150万円程度必要になります。

失敗する資金計画例

=購入後にリノベーションを検討

借入可能額 2,500万円
中古住宅購入費用 1,500万円
登記他諸経費 150万円
合計 1,650万円

2,500万円 − 1,650万円 = 850万円

購入後にリノベーションの見積り

リノベーション費用 1,000万円

850万円 − 1,000万円 = -150万円

150万円の予算オーバー!
⇒リノベーションで何かを我慢しなければいけない

成功する資金計画例

=購入前にリノベーションを検討

借入可能額 2,500万円
リノベーション費用 1,000万円
登記他諸経費 150万円
合計 1,150万円

2,500万円 − 1,150万円 = 1,350万円

1,350万円の中古住宅を探して購入するか、
リノベーション内容の再検討も可能

上田市で中古住宅×リノベーションを資金計画からサポート

中古住宅×リノベーションを
資金計画からサポートします!

大井建設工業では、お客様に安心してリノベーションされた中古住宅をご購入いただくため、資金計画からサポートいたします。
また、中古住宅の購入時に利用できる、長野県や各市区町村の補助金・助成金もご案内しております。
長野県内で中古住宅のリノベーション、またはリノベーション済の中古住宅の購入をご検討中の方は、安心して当社にお問い合わせください。

上田市で中古住宅×リノベーションをサポート
佐久市の中古住宅リノベーションサイトのトップへ 佐久市の中古住宅リノベーションサイトのトップへ